東野さんのラーメンを食べに行った日々の話

東野純直はかっこよかった。
ここ10年くらいで見た東野純直より、

遥かにかっこよかった。

 

ネットの中に真実なんてない。

ネットの向こうにもない。

 

がんばってるってこういうこと。

人生、身につまされる思い。

投げ出してなんていられない。

 

-------
駅を降りてびっくり。
拝島の駅からは大自然の山々。
すでに小旅行感。

f:id:Raincoats:20171030012016j:image

 

そんな町の大通りを歩いて10分強。
イトーヨーカドーの先に

急に出てきたラーメン屋さん。

f:id:Raincoats:20171030012023j:image

 

清潔、広々、ほのかにおしゃれで、

ラーメン好きなわけじゃない私でも
とても居心地がよかった。

昼間からクラプトンが流れてる
ラーメン屋さんなんて、新鮮すぎ。

 f:id:Raincoats:20171030012034j:image

f:id:Raincoats:20171030012100j:image

 

目の前で包んでくれるワンタンの
おいしいことおいしいこと。

コクはあるけど後味あっさりな

スープの訳は、無化調のおかげらしい。

 f:id:Raincoats:20171030012112j:image

f:id:Raincoats:20171030012127j:image

 

あ、お酒、安い!

f:id:Raincoats:20171030012134j:image

 

早くも常連さんに愛され、
町に根づいてる様子。

地に足のついた素敵な店だった。
 
-------
また別の日。
夕暮れの東急世田谷線に揺られて数駅、
初めて降りる上町の駅、
2つ目のラーメン屋さんへ。

 f:id:Raincoats:20171030012144j:image

 

ここにいた東野さんは、
まさに私が見てた東野さんだった。
都会向けの顔がかっこよくて、
なんだか泣けてきてしまった。

 

ちょっとこじゃれたカウンターのみの店内、
お客さんもおしゃれ層がいたり、
「白そば」なんて素敵メニューがあったり。
澄んだスープにレモンが効いて、
女性うけな感じ。

 f:id:Raincoats:20171030012202j:image

f:id:Raincoats:20171030013708j:image

 

ああそうか…。
毎日こんな違う街を行き来して、
違う麺、違うスープのラーメンを
日々作り続けてたんだな。

 

なんかその体力も去ることながら、
精神力の凄さに驚いてしまって。
なんだかまた泣けてきてしまったり。

 

BGMもよかったよね。
Michael Bubléなんて、
こんなシーンで聴けると思わなかった。しみた。

 

東野さんの選曲聴きながら、
東野さんの作るラーメンを食べる夜。
なんだか素敵すぎた。

 

うん、また来よう。


-------
11:00〜
支那そば 玉龍
東京都昭島市緑町4-1-27 https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132902/13198983/


18:30〜
(営業自体はランチもあり)
支那そば 燈灯亭
東京都世田谷区世田谷2-15-3 https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131709/13203213/

あさがやドラム「ウタ会」のいいところ

私が参加しているあさがやドラム「ウタ会」の
いいなと思うところをたくさん書きました。


なんとなく気になる方、よかったら読んでみて下さい。

月2回開催で、8月は 7(月)18(金)です。

http://asagaya-drum.com/event/detail_158.html

 

◆あさがやドラム「ウタ会」のいいところ◆

その1◆素敵な照明

曲に合わせて、素敵な照明で演出してくれます。
時に泣けるほど感動的な照明も。


その2◆あたたかい拍手

フルコーラスしっかり歌えて、
最後にあたたかい拍手がもらえます。
ノリのいい曲では、アイドルばりの

手拍子ももらえたりします。


その3◆自由に選曲できる

なにを歌おうと自由です。
大好きな曲を歌えます。

聞き覚えのあるJ-POPヒット曲だけでなく、
アニソン、懐かしアイドル、演歌、歌謡曲なども
好きに歌えるあたたかい空気です。


その4◆歌唱レベル不問

歌唱レベルやステージ経験を問いません。
普段からステージ活動をされてる方が
課外活動的に参加されることもあれば、
ステージ経験ほぼゼロの方が参加されることもあります。

最初は見学から…!という方もいらっしゃいます。
見学のみは参加費無料、1ドリンクのみです。


その5◆初めてでもひとりでも参加しやすい

むしろほとんどの方がひとりなので、
気にせず参加できます。
音楽好きな仲間もできたりします。

今年始まったばかりのイベント、
内輪のりで入りづらかったりしません
その日の参加者が空気を作っていくので、
参加者次第で毎回新鮮です。

 

その6◆仕事帰りに気軽に寄れる

時間厳守、しなくていいです。
途中参加で気軽に歌えます。

スマートフォンにカラオケさえ入れてくれば、
ほぼ手ぶらですぐに歌えます
もちろんCDや楽器持参でも大丈夫です。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「ステージで、照明を浴びて、拍手をもらって、好きな歌が歌える!」
それだけでこんなに日々が変わるとはまったく想像してませんでした。

音楽好きなのに何もできず、長年くすぶってた私が
ウタ会のおかげで、楽しい音楽生活を送れるようになりました。
音楽のある空間に、目的を持って通えること。
それだけで日々の生活が大きく変わるんだと実感しています。

時々出逢うベテランの方達に刺激を受けつつ、
まだまだ初心者な仲間同士で切磋琢磨しながら、
これからもウタ会をベースに音楽を楽しんでいきたいと思っています。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

以下の動画は、参加2回目でまだまだ緊張しまくりの私です。

音はずしたり、歌詞とばしたり、大変でした。

 

ゴッホとゴーギャン、プッホとプーギャン

急な体調不良の中、
たどりついた上野恩賜公園は紅葉まっさかりだった。

f:id:Raincoats:20161201231413j:image
ああ東京にも空はあるって、
こういう時 本当にうれしく思えて。

そんなことたくさん考えながら、
きれいな紅葉やおいしいケーキを味わいきれずに、
ひたすら胃痛にもだえていた私。

f:id:Raincoats:20161201231433j:image
ハーブティーだけは最高においしかった。

 

-----

 

ゴッホゴーギャンの絵を観るのは初めてじゃなかったけれど。

f:id:Raincoats:20161201231456j:image

ゴーギャンタヒチへ向かった意味、それまでのゴッホとの時間。
それらを初めて知った私は、
美術館の中でずっと泣いてた。

 

f:id:Raincoats:20161201231637j:image

水色や緑を使うゴッホが、
赤や橙を使うゴーギャンと出逢って、
一緒に住もうとした家はひまわりの黄色で、
ゴーギャンのためにひまわりをたくさん描いて飾ったっていう。
その時間のふたりの気持ちを考えただけで、私は胸がいっぱいだった。

f:id:Raincoats:20161201231520j:image

 

今回のメイン、なのかな。
ゴーギャンの椅子」は本当にかわいらしくて。

f:id:Raincoats:20161201231552j:image
ゴッホ的な緑と水色の世界の真ん中に、黄色い灯りがともってる。
そんな幸せを描いてるゴッホを想像したら本当にかわいく思えてしまったよ。


ゴッホの椅子を」対比的に簡素にしてしまえる。

f:id:Raincoats:20161201231958j:image
それも幸せなことと思った。

 

ゴッホは悲しみもそのまま絵にして向き合う事で自分をなぐさめてて。
ゴーギャンは空想も描いていたけれど、それは現実を受け止めているからこそ、目の前を空想で塗りたくることができたというか。
だからこそゴッホにそれを教えてあげたかったのかなって…

 

ふたりが離れて、それぞれの作風に戻っていく。そこにはふたりの時間を経てこその作品もあって。
ただゴーギャンの描くひまわりはあまりにも哀しくて。

f:id:Raincoats:20161201231657j:image
その哀しみのような黄色を大きくメインにとるのが、ゴーギャンらしい哀しみとの向き合い方だなと思った。

 

ゴッホになりたいわけじゃないし、むしろ相容れない部分をいくつも持っていた人だったけれど。
それでもゴッホに向き合いたくて。
きっともっとゴッホの目になれるような原風景的な場所、それがゴーギャンにとってのタヒチだったのかな、と。

 

-----

 

普段 物販はポストカードしか買わないのに、
今回はクリアファイルとキーホルダーまで買った。

f:id:Raincoats:20161201231721j:image

ポムポムプッホと、

f:id:Raincoats:20161201231734j:image

ポムポムプーギャン。

f:id:Raincoats:20161201231755j:image
かわいすぎて、ふたりの絵の哀しみを救ってくれるみたいだった。

 

 

後日 SoupStockTokyoで、
ふたりのスープも食べてきたし。

f:id:Raincoats:20161201231830j:image

週替わりで発売してたゴッホの麦畑スープと、ゴーギャンの麦畑スープ。
11月最後の5日間だけは、ふたつのスープが出逢うっていう…
ちょっとまた泣いてしまうストーリー。

 

ゴッホのスープはあっさりだけどいつまでも食べられる深い味わい、
ゴーギャンのスープはクリーミーすぎてちょっとくどいけど、後引く味。
相乗効果でふたつともおいしかった。

f:id:Raincoats:20161201231900j:image

 

-----

 

ゴッホン!といえば、龍角散

f:id:Raincoats:20161201231939j:image

これをオフィシャルでやる気概。
でも本当に救われた。


ポムポムプッホといい、こういうのがなかったら、私は哀しくて帰ってこられなかったよ。

黒沢は充実期だよ

買えてなかった黒沢健一
最新DVD届いてたー!

 

やはりBanding公演にはなかった空気。
黒沢、つよい気持ち。
かっこいい。

 

なんか全体に音の粒が揃ってて、黒沢史上かつてない聴きやすさ、と思った。

いつも黒沢に感じるせつなさ以上のものが聞こえるわ。

 

今の黒沢voiceに寄り添うコーラス、

素晴らしい。
BE WITH YOU泣くわ。
からっと泣ける!
うん、だからNEW VOICESなんだな。

 

並べたら素敵すぎて、
もううれしくなる。
黒沢はなんていいものたくさん
作ってきたんだ!

f:id:Raincoats:20161006223739j:image

黒沢健一さんのニュース

私は音楽に関わる病だと思ってたんだよね。
もっと人生全てに関わることだったね。
http://natalie.mu/music/news/204019

 

なんで今なんだろうなって。
変化した自分の声と向き合って、
長い時間かけた「Rock'n Roll Band」で
過去から今を大切に紡いで。

仲間たちと新しい光を浴びながら、
音楽家としてまた確実に歩み始めたのに。

 

今は薄明かりの中で、
Dreamsのlive聴きながら、
くまちゃんとモノクロの健一観てる。

f:id:Raincoats:20161003194918j:image

今はとにかくまた笑顔で逢える日を。
待ってる。
https://youtu.be/B6Epfo-1XJA

ピアノとお酒

偶然立ち寄ったバー。
流れるピアノ ♪Let it be〜 Let it be〜

 

大人の孤独を熱く語る、
三十路すぎの同学年ふたり。
男同士のこんな時間なんて、
めずらしくてありがたい。

 

今夜はいいお酒だった。

 

f:id:Raincoats:20160924005158j:imagef:id:Raincoats:20160924005203j:image

集まりの日

今日は久しぶりの集まりの日。
懐かしい場所の近くで、
少しだけ歳を重ねた顔で待ち合わせる。

なんだか唐突な安心感に、
初めからちょっと泣きそうだったし。
仲間っていいね。

今はそれぞれが新しい生活を
始めたり始めなかったり。
さみしかったりするのは、
今を自分なりに生きてるからなんだろ。

仕方ないよ、せつなさ。
ちょっとの違和感みたいな不思議な気持ち。
また逢えばいいね、遠くないうちに。
はーおなかいっぱいだっ。