読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1607の花火大会

何度も通った景色が

どんどん遠のいていく。

長すぎたバスの時間が

嘘のように早く流れてく。

全部過去になってくの、不思議だったな。

 

生まれた町が、自分の町じゃなくなってく。

一瞬で過去になったらいいのに、

現実は思い出たちを少しずつ追いやっていくみたいで。

f:id:Raincoats:20160825100415j:imagef:id:Raincoats:20160825100421j:imagef:id:Raincoats:20160825100442j:image

くもり空でよかった。

晴れすぎた空も雨降る空も、

こんな気持ちにはかなしすぎて。

f:id:Raincoats:20160825100746j:image

それでもこの町がにぎわってる。

ただそれだけでうれしかったね。

f:id:Raincoats:20160825100550j:image

f:id:Raincoats:20160825100555j:imagef:id:Raincoats:20160825100559j:imagef:id:Raincoats:20160825100747j:imagef:id:Raincoats:20160825100616j:imagef:id:Raincoats:20160825100620j:imagef:id:Raincoats:20160825100625j:imagef:id:Raincoats:20160825100634j:imagef:id:Raincoats:20160825100638j:imagef:id:Raincoats:20160825100640j:imagef:id:Raincoats:20160825100645j:imagef:id:Raincoats:20160825100649j:imagef:id:Raincoats:20160825100652j:imagef:id:Raincoats:20160825100657j:imagef:id:Raincoats:20160825100702j:imagef:id:Raincoats:20160825100710j:imagef:id:Raincoats:20160825100712j:imagef:id:Raincoats:20160825100715j:image

 

「うん、実家 来月引っ越しちゃうから、

最後の花火のつもりなんだ。

これから近くの喫茶店でごはん食べる。

相変わらず脚いたいけど、

ゆっくり向かってるよ。」

f:id:Raincoats:20160825100448j:imagef:id:Raincoats:20160825100455j:image

f:id:Raincoats:20160825100529j:image

 

優さん

イベント準備中の6月、
大切な人の訃報にふれた。

 

杉本 優さん。
ピアニスト、作曲家。
たしか私の5歳くらい上、
近年は主に著名なCMの音楽制作に携わってた方。

 

出逢ったのは私が22歳くらい、
激しいバイト生活に明け暮れてた頃。
慣れないカフェライブで見かけた優さんは、
本当におしゃれでかっこよくて、
ピアノを弾く姿にすぐ夢中になった。

 

その音色選びが大好きで、
優さんのピアノに出逢いたくて、
数年の間あらゆる場所へ通ってた。

カフェやライブハウスはもちろん
公民館ホールでの紙芝居ライブ、
六本木の路地裏のあやしげなバー、
時には熱海の花火大会へついていったことも。

 

そう、いつも一緒だった友達とよく一緒に観てて、
遅れてきた青春みたいな楽しみもあった。
つらいばかりの毎日が
優さんのピアノで彩られる気がした。

 

同じTシャツ買って、
喜んだりもしてたっけ。
私が着ると全然イメージ違っちゃったけど。

一度ギャラリーでの展示を
優さんとふたりで見られた時、
お友達になったみたいで
とてもうれしかったっけ。
渋谷の雑居ビルだった。

 

全部かけがえのない思い出。

 

それから数年経って、
優さんの活動が制作中心に移ってからは、
映像やCDで活躍を知るばかりで、
逢える機会もなくて、
連絡も年始のご挨拶くらいだったけれど。

それでもずっと心の真ん中にいる
大事なアーティストで。


音楽が学びたくて学びたくて
でもできなかった私にとって、
優さんは大きな憧れだった。

 

2年前だったっけ。
久しぶりのライブ、行けなかったこと
今は本当に後悔してる。
デモCD送ってもらってたのに、
まともな感想も送れなくて。
ライブのお知らせをくれなかったことばかり、
ずっと気にしてた。

 

もっと伝えればよかったって、
うざいくらい話せばよかったって、
biceの時に思ったことじゃないか。
なんでおれはまた繰り返したんだろう。
今は悔しくて仕方ない。

 

でもこれからも優さんの音楽を
日々当然のように聴き続けるから…。


月並みな言葉のようだけど、
音楽は永遠だから。
作品が聴かれ続ける限り、
消えてしまうことはないから。

 

だから今夜も聴くんだよ。
今は抱えきれない感情たちを
美しいピアノの音色に託してみるよ。
空虚な心がメロディで満たされていくみたい。

 

ありがとう。
今はなによりありがとう。
優さん、また逢いたいよ。

f:id:Raincoats:20160825101412j:image

ダンスが終わったら

無闇に忙しい外出週間ラスト2日。
イベントの反省ばかりしながら、
南浦和まで行ったのでした。

 

大勢の人だかりの中、
初めて見る人は本当にきらきらしてた。

逢わなくていいやって思ってたけど。
だけどやっぱり逢えてうれしかった。
肩たたいて、笑顔だけ交わして。

 

驚いた顔、新鮮だった。
声も出なくて、ほんの数秒。
手を振ってさよなら
ちょっとだけ泣ける…

 

憧れ続けても届かないもの。
どんな風に受け止めたら
人生に昇華できるんだろうって。

幸せになりたい気持ち
知ってしまったから、
私はどこまでもよわくなったよ。

 

夢はどこにおけばいいんだろう。
何を願えば幸せなんだろう。
そんな気持ち、
明るすぎる埼京線でもう少しだけ

 

f:id:Raincoats:20160825111246j:imagef:id:Raincoats:20160825111251j:imagef:id:Raincoats:20160825111301j:image

2度目のビルボード

イベントよくがんばった!

のごほうびは、

招待券でEddie Reader.

2度目のビルボード

f:id:Raincoats:20160825111711j:plain

ずっと憧れてたよ、こんなシンガーソングライター。

やっと出逢えたねって、あの声に。

 

なんて素敵なフォーキー。

音楽がこんなに幸せって、

忘れすぎてたよ、私は。

 

なにをしてきたんだろう。

どれだけまっとうに生きようとしたって、

私には合わないの、当たり前なのに。

ささやかにもならない日常のために、

たくさんのものを失ってきた。

 

なくしてしまったものたち、

なくなってしまったひとたち、

もう戻らないかもしれないけれど、

新しい自分を取り入れて受け入れて、

盛大にフォーキーに今を生きていたいよ。

f:id:Raincoats:20160825111725j:plain

ビルボードに輝く赤と緑の衣装と、

コンサティーナの愛らしい佇まいと、

急に立ち込めてきた玉ねぎの香りに寄せて。

 

最後の内見

またたくさんの荷物を持って、
イベントのお店に行ってきたのでした。

スペース広すぎるなと…再確認。
この90平米を上手く使うのは、
やはりむずかしい…。

 

でもみんなのがんばりように感動。
私が荷物ばらまいて
90分しゃべり続けてる間に、
たくさん飾って、
たくさんチェックもしてくれた。

なんかちょっとすでに一度
イベントしてきたみたいに(笑)


企画ふくらみすぎて
不安しかないけれど、
きっと楽しくできたらいいよね。

ああ…脚のいたみ、治ってほしいな。
あと3週間だ。

f:id:Raincoats:20160825112246j:imagef:id:Raincoats:20160825112251j:imagef:id:Raincoats:20160825112256j:imagef:id:Raincoats:20160825112301j:imagef:id:Raincoats:20160825112307j:imagef:id:Raincoats:20160825112317j:image

ライブ終わりの

天窓.comfortは
いろいろな気持ちのつまった場所。

 

あの時一緒に来てくれた人は、
どこへ行っちゃったかな、とか。
あの頃 思いきってバイトしてたら、
今はどんなだったろうな、とか。
思ったりしながら。

 

新しい友達にありがとう。
珍しく男友達なのに
飲み屋じゃないのがありがたい。

サイゼリヤのワインにミネストローネ。
ライブ後にファミレスで話してくとか、
いったいいつ以来なんだろ。
好きだった時間に似てるかな。

 

脚ちょっと無理してでも来てよかった。
人と場所が揃わなきゃ、
出逢えない感情もあるんだね。


明日は安静。
途中のままの編集、なんとかしなきゃだ。

f:id:Raincoats:20160825113056j:imagef:id:Raincoats:20160825113111j:imagef:id:Raincoats:20160825113118j:imagef:id:Raincoats:20160825113120j:image

小物探しの日々

今週はイベント打合せの傍ら、
やたらと雑貨屋さんに通ったのでした。
イベント用に夏っぽい小物とか花、
あとアロマの展示に合うものを探しに。

 

かわいいものがいくつか見つかって
大変喜んだものの、
あれっこれどうやって飾ろう?
というのが今のなやみどころ。

 

そんな中、腰痛再発。
また歩くのもつらくなってしまったのでした。
どなたか寝たままでも編集ができるパソコンを…。
(もしくは整体師の方)

f:id:Raincoats:20160901150543j:imagef:id:Raincoats:20160901150546j:imagef:id:Raincoats:20160901150548j:imagef:id:Raincoats:20160901150551j:image